夏でも油断は禁物!冷房で乾燥するって本当?

夏になり蒸し暑いと感じる一方で、肌は意外と乾燥していると思うことはありませんか?

実は夏もエアコンの空気にあたったり、汗で体内の水分が失われやすかったりするため、身体が水分不足になり、肌が乾燥してしまうことがあります。

今回は、そんな夏場の乾燥を防ぐための方法をご紹介します。

 

夏でも肌が乾燥する理由

肌の乾燥にはさまざまな原因があります。環境が大きく影響しているので、秋や冬の空気が乾燥する時期には肌も乾燥しますが、夏のエアコンが効いた部屋も意外と空気はカラカラです。そのため、夏に室内で過ごす時間が長い人は、肌が乾燥しやすい傾向にあります。

逆に蒸し暑い屋外に出る機会が多い人も、汗をかくことで水分が奪われ、肌のうるおいが不足しがちになります。そのうえ強い紫外線を浴びることでも肌が乾燥するのです。

一方で、紫外線をカットするための日焼け止めに含まれる紫外線吸収剤も、肌への刺激となり乾燥を引き起こす場合があります。
さらに、その日焼け止めをしっかりと落とそうとすることで、顔をゴシゴシ洗ってしまう人がいます。洗浄力の強いクレンジングや力を入れ過ぎた洗顔では、必要な皮脂まで流してしまったり、肌を傷つけてしまったりすることがあり、それらが肌を乾燥させてしまう原因になります。

夏は肌の露出が増えるために、無理なダイエットをする人も多い季節。偏った食事で肌に必要な栄養が不足することも、乾燥の理由として挙げられます。

 

夏でも保湿ケアは必須

冬は保湿ケアをしっかりしている人でも、夏は油断してスキンケアが怠りがちになることがよくあります。さっぱりした化粧水だけで終わらせるという方も多いのではないでしょうか?

しかし、夏にも肌を乾燥させる要因はたくさん存在していますので、保湿ケアは1年を通してしっかりと行うことが大切です。
化粧水の塗布だけでは、蒸発と一緒に自分の肌の水分も奪われてしまうことがあります。最低限、化粧水と油分の含まれるクリームやオイルをつけて蒸発を防ぐようにしましょう。

洗顔や入浴の際には、洗浄力が強すぎるクレンジング・洗顔料の使用を避け、やさしく肌をなでるようにして洗いましょう。石けんはよく泡立て、ぬるま湯で丁寧に洗い流すのがポイントです。
お風呂上がりには素早く化粧水やクリームなどの保湿剤を塗りましょう。顔だけでなくボディのスキンケアも忘れずに行いましょう。

エアコンは使いすぎに注意します。つけているときはこまめに空気の入れ替えをしたり、加湿器やアロマディフューザーなどで湿度を調整したりすることを心掛けましょう。

 

身体の中からも乾燥対策

夏でも肌が乾燥しているなと感じたら、水分補給を意識することに加え、アロマを取り入れるのもおすすめです。ラベンダーやローズなど、乾燥肌に効果があるとされる精油を焚き、鼻や皮膚から成分を取り入れれば、身体の中から肌に作用してくれます。オイルマッサージで肌に塗りこめば、血行を促進して肌を健康にする効果も得られます。

冷房で身体が冷えているときは、しょうがなど身体をあたためるものを食べて代謝を上げることも美肌につながります。食事は水分量が多くビタミンも豊富な野菜をたっぷりと取り入れたバランスの良いメニューを心掛け、身体の中から乾燥肌の対策を行いましょう。

 

最後に

肌を見せる機会が多い夏だからこそ、乾燥していては台無しです。夏こそ丁寧なスキンケアで全身を美しく保ちましょう!

 

運営者情報

タイトルとURLをコピーしました